プレシジョンメディシンとは

プレシジョンメディシンとは

プレシジョンメディシン(精密医療)とは、がん患者さま一人ひとりのゲノム(遺伝子)情報をもとに、最適な治療(分子標的薬治療・免疫療法)を行う、まさに「あなたに合った」オーダーメイドのがん医療です。

遺伝子検査(遺伝子パネル検査)により、がんの根本的な原因である遺伝子変異を突き止めた上で抗がん剤治療(分子標的薬治療)・免疫療法を開始します。
抗がん剤(分子標的薬治療)によって短期的に強力な抗がん効果を狙いつつ、免疫療法等によってその抗がん効果を下支えすることで、中長期的な治療効果に繋げていきます。

遺伝子検査

患者さまのがんの組織や血液からDNAを採取し、特定の遺伝子変異を検出します。
遺伝子検査で重要なのは、ゲノム情報と最新の臨床情報を照らし合わせ、最適な薬や治療法を導き出すことです。
プレシジョンクリニックグループでは抗がん剤、免疫療法、分子生物学の専門家が検査結果を分析し、患者さま一人ひとりに合った薬や治療法を提案します。
遺伝子検査(遺伝子パネル検査)を既に主治医のところで実施済みの場合も、その検査結果から薬や治療法の提案が可能ですので、その報告書をご持参ください。

プレシジョン免疫療法

プレシジョン免疫療法は、免疫のアクセル役であるがん特異的免疫療法「樹状細胞ワクチン療法」と、がんによる免疫のブレーキを解除する「免疫チェックポイント阻害剤」、免疫を刺激する「放射線療法」を組み合わせたプレシジョンクリニックグループ独自の複合がん特異的免疫療法です。
プレシジョン免疫療法は、この独自の組み合わせによって、既に免疫が落ちている(抑制)状態にあるステージ4のがんに対しても免疫を発揮することを可能にしています。

分子標的薬治療

従来の抗がん剤と分子標的薬の違いについてのイメージ図
分子標的薬は、がんの原因となっている特定の分子だけに作用する薬剤を使用する治療法です。
従来の抗がん剤は、がん細胞だけでなく、正常な細胞にも影響を及ぼすため、強い副作用が伴います。
しかし、分子標的薬は、がん細胞に存在する目印(分子)をピンポイントに標的とするため、正常な細胞への損傷を最小限に抑えることができます。
この分子標的薬の多くは、遺伝子検査(遺伝子パネル検査)の結果に基づいて選択します。

実施例

ステージⅣの末期がん※1

ゲノム情報に基づいた分子標的薬治療※2+プレシジョン免疫療法

ステージⅡ~Ⅳの進行がん※3

標準治療+プレシジョン免疫療法

ステージⅠの早期がん(再発予防)

プレシジョン免疫療法

※1 末期がんは、標準治療の適応がなくなった患者さまとしています。
※2 遺伝子検査で患者さまに合った分子標的薬を探します。
※3 進行がんは、標準治療の適応となる患者さまとしています。

当グループのプレシジョンメディシンの特徴

分子標的薬治療とプレシジョン免疫療法を組み合わせた独自のがん治療

当グループのプレシジョンメディシンは、遺伝子変異に基づいた分子標的薬や免疫療法を行うため、新たな治療効果が期待できます。
標準治療で思うような効果が得られなかった患者さまも、決してあきらめずにご相談ください。

なぜ分子標的薬治療とプレシジョン免疫療法の組み合わせが重要?

引用:Endpoints,patient selection,and biomarkers in thedesign of clinical trials for cancer vaccines.Cancer Immunol Immunother. 2012;61:109-117
即効性が期待できる抗がん剤(分子標的薬治療)と、中長期的な持続効果が期待できる免疫療法を組み合わせることで、がんの根治を目指します。
抗がん剤の中でも分子標的薬は、殺細胞性抗がん剤といわれる正常細胞も傷つけるお薬とは異なり、免疫にやさしく、比較的副作用の少ないお薬になります。
分子標的薬治療により、短期的かつ強力な抗がん効果を狙いつつ、がんに対する免疫力を最大限に高めるプレシジョン免疫療法を並行して行うことで、抗がん効果を長く維持することを目指します。

プロフェッショナルによるチーム医療

プレシジョンクリニックグループは、抗がん剤・免疫療法・栄養療法・分子生物学の専門家が在籍。
ゲノム(遺伝子)情報に基づき、患者さまにとって最適ながん治療法をチームで提案いたします。

治療の流れ

  1. 無料医療相談

    当グループの治療のことだけでなく、これまでの治療経過やご不安なこと、疑問点やご不明点など、気兼ねなく何でもご相談ください。
    主治医への連携の仕方を含めて丁寧にアドバイスいたします。
  2. 遺伝子検査

    遺伝子検査(遺伝子パネル検査)で、あなたのがんの特徴を明らかにします。
  3. 治療方針決定

    遺伝子検査(遺伝子パネル検査)の結果に基づき、患者さまにとって最適な治療をご提案し、治療計画を立てます。
  4. 治療開始

    分子標的薬治療やプレシジョン免疫療法を軸に、栄養療法を含めた治療を速やかに開始いたします。
  5. ご挨拶

     

    がんのステージ4でも
    あきらめないがん医療を

    医療法人社団
    プレシジョンメディカルケア 理事長
    矢﨑 雄一郎

    がんのステージ4という状況は、既にいろんな治療を受けているにもかかわらず改善困難な状況に陥っていることが多く、もはや画一的な治療では限界にあるといえます。

    私たちは、これを解決するための明確な答えを持っています。その答えがプレシジョンメディシン(精密医療)。がん患者さま一人ひとりの特徴をゲノムレベルで正確・精密に調べ上げ、ゼロからステージ4のがん治療計画を作ります。
    私たちは『ステージ4のがん治療にブレイクスルー(=本質的かつ革新的な解決策で問題を突破する)を。』を合言葉にこの困難を突破し、今まさにがん治療でお悩みの患者さまに貢献していきます。