免疫療法

腫瘍浸潤リンパ球療法(アファミセル)がアメリカで承認

アメリカで、我々の免疫細胞治療の一種、腫瘍浸潤リンパ球療法(TIL)が正式承認されました。

今後、他の免疫細胞治療(NK細胞等)の承認も進むのではないでしょうか?

ご期待ください。

『Afamitresgene autoleucel for advanced synovial sarcoma and myxoid round cell liposarcoma (SPEARHEAD-1): an international, open-label, phase 2 trial』
LANCET March 27, 2024

腫瘍浸潤リンパ球療法(TIL)とは言葉のごとく、がんに入り込んでいる(浸潤して、攻撃している)リンパ球を取り出し、増やして戻す治療法です。私たちも以前TILの研究開発にかかわってきました。

背景:
アファミセルは、第1相試験(NCT03132922)で許容できる安全性と有望な効果を示しました。
この研究の目的は、HLA-A*02およびMAGE-A4を発現する進行性滑膜肉腫または粘液性円細胞脂肪肉腫患者の治療におけるアファミセルの有効性を評価することです。

方法:
SPEARHEAD-1は、オープンラベル、第2相試験です。
この試験には3つのコホートが含まれており、主要調査コホート(コホート1)です。

コホート1には、HLA-A*02を有する、16歳から75歳までの患者が含まれており、MAGE-A4を発現し、少なくとも1つのアントラサイクリンを含む化学療法またはイフォスファミドを含む前治療を受けた転移性または切除不能滑膜肉腫または粘液性円細胞脂肪肉腫患者でした。

患者はリンパ球除去療法後にアファミセル(投与量範囲1.0×109〜10.0×109 T細胞)単回静脈投与を受けました。

主要評価項目は、コホート1における全体的反応率であり、固形腫瘍評価基準(バージョン1.1)を用いて評価されました。

結果:
2019年12月17日から2021年7月27日までの間に、HLA-A*02陽性滑膜肉腫(n=44)および粘液性円細胞脂肪肉腫(n=8)の患者52人がコホート1でアファミセルを受けました。
患者は前治療を受けていました(前治療の中央値は3回[IQR 2〜4回])。

中央フォローアップ時間は32.6ヶ月でした(IQR 29.4〜36.1)。
全体反応率は、全体で37%(52人中19人; 95% CI 24-51)、滑膜肉腫患者で39%(44人中17人; 24-55)、粘液性円細胞脂肪肉腫患者で25%(8人中2人; 3-65)でした。

サイトカイン放出症候群は、52人中37人(71%)で発生しました(1つのグレード3イベント)。
サイトペニアは最も一般的なグレード3以上の有害事象であり、リンパ球減少症52人中50人(96%)、好中球減少症44人(85%)、白血球減少症42人(81%)でした。治療関連死亡例はありませんでした。

解釈:
アファミセル治療は、HLA-A*02およびMAGE-A4を発現する滑膜肉腫患者に対して持続的な反応をもたらしました。
この研究は、T細胞受容体療法を使用して固形腫瘍を効果的に標的とすることができることを示し、このアプローチを他の固形悪性腫瘍に拡大する合理的な根拠を提供しています。

プレシジョンクリニック名古屋院院長
岡崎監修

【監修者】岡崎 能久

大阪大学医学部を卒業後、同大学院の修士課程を終了したのち、関西地方を中心に医療に従事、現在はプレシジョンクリニック名古屋院長として活躍中。専門は内視鏡診断および治療・研究開発。日本内科学会認定医や日本消化器病学会専門医、日本医師会認定産業医などの認定医を保有。

略歴:

2001/3

大阪大学医学部卒業

2001/6

大阪大学医学部附属病院内科研修医

2002/6

大阪厚生年金病院 内科 研修医

2003/5

国立循環器病センター内科レジデント

2004/5

大阪大学内科大学院生・研究生

2005/4

大阪大学大学院 外科系臨床医学(修士課程) 入学

2009/3

大阪大学大学院 外科系臨床医学(修士課程) 終了

2010/3

社会医療法人若弘会若草第一病院消化器内科

2011/4

川崎病院消化器内科)

2012/4

愛染橋病院消化器内科

2014/4

近畿大学医学部附属病院(大阪府内)消化器内科

2016/4

近畿大学医学部附属病院(奈良県)消化器内科

2018/1

大阪府立羽曳野医療センター消化器内科

2022/4

医療法人社団プレシジョンメディカルケア プレシジョンクリニック名古屋院長

専門分野:
内視鏡診断/治療・研究開発

認定医・資格等:
日本内科学会認定医
日本消化器病学会専門医
日本医師会認定産業医