コラム
 

膵臓がんと闘える食事療法とは?          

2023年のがん治療学会で膵臓がんの食事療法(ケトジェニックダイエット)が報告されました。 食事療法だけで、術後に再発した膵臓がんが9ヶ月間、進行を抑えることができたという内容です。 厳格な糖質制限高脂質食であるケトジェニックダイエット(ケトン食)は、抗がん剤のような細胞毒性による副作用のリスクを伴わず、膵臓がんの進行を抑制するのに効果的な可能性があります。 ネックは、食べたいものが食べられないということでしょうか。また、ただでさえ食事量が低下している膵臓がんの患者さまに取ってはきついので、それなりの覚悟が必要な食事療法です。 当グループでは、本療法専門の医師が3か月間集中で、毎日栄養管理をしていきます。 免疫療法との相性がいいもその特徴になります。膵臓がんをはじめとする多くのがん患者さまが取り組んでいますので、気兼ねなくご相談ください。 膵臓がんの食事療法:がん治療学会の報告 プレシジョンクリニックグループ 医師 矢﨑